2008年1月18日 (金)

「魍魎の匣」を観たよ

やっと観ることができました。
魍魎の匣
・・・斬っちゃいましょうかっ?!

たぶん、みんな同じ感想だと思うんだけど、これはこれでおもしろかったです。
私は「娯楽映画を観た」って感じがしました。
やっぱり、「原作を読んでる人が観に来る」という前提で作ってるのかな?
読んでないとわからんやろなってとこもありました。
例えば、椎名桔平のファンが「今回出てるから」と、いきなりこれだけ観てもわかんないと思います。

けどさ・・・

私は原作のシリーズの中で、この話が一番好きなんですよ。
どこがって、加菜子失踪の謎が解かれていくとこです。
小説冒頭から、ちょっとずつ布石を打って、最後にぴたっとハマる、あの気持ちよさ!だけど・・・
・・・加菜子、失踪しないんだ・・・。(誘拐されないっていうか)
全然別の話になってるのは、かまわないんですが。原作に忠実に作るのは無理だし、いいんですが。
個人的に、一番の謎だったとこが省かれてて・・・ちょっと悲しかった。
ミステリではなくなってましたしね。
だったら、最後の雨宮はいらんと思うんですよ。意味ないと思うんですよ。雨宮の「加菜子好き好きエピソード」もなかったし。久保が「ほう」を見てないなら、生きたままみっしりする必要もなかったわけだし。
いらんと言えば・・・
今回、木場シュウ、出てなくてよかったのでは?
「木場シュウの陽子好き好きエピソード」しかないじゃないですか。
そんならいっそ、出てなくてよかったんじゃ?
これ、木場シュウの話だったのになあ・・・。

ちなみに、よかったとこ
クドカンという人が、久保役ってどうだろ?と思ってましたが、これが・・よかったですねー。
なんか、ええ不気味さっていうか・・。
あと、陰惨な話なのでか、登場人物がみんな明るかったです。
「シリーズ中編のノリ」でした。中禅寺が肉体派なのが笑えます。一生分動いてます。彼があれだけ動いたら、とっくに過労死してると思います。さすがJAP出身(違ったっけ?)。しかも、その分長セリフがないのが笑えます。
上海ロケというのも、どこかよその国って感じでよかったんじゃないだろうか?
なにせ、おそらく、シリーズの中で最高に陰惨な事件だから。リアルじゃない方がいいでしょう?

ちなみに、びっくりしたことは、続き

続きを読む "「魍魎の匣」を観たよ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月18日 (木)

気になって仕方ありません

せいじくんからGOサインが出たので、スグレモノ活動中です!
あのおにぎり用の弁当箱のことです。
でも「おにぎりだけでいい」と言われているので、活動してるのは上半分だけ。

ところで・・・
ずーーっと前に、もう10年以上も前ですが・・
吉岡くんが出てた「ラストソング」って映画があったの、憶えてますか?
モックンと、安田成美も出てたんですが、吉岡くんは天才ギタリストの役でした。
バンドのベタな青春友情ストーリーだと思ってたので、観終わったあと
「・・・安田成美いなくてもよかったんじゃあ?」
って思ったんですがね。
なんか、男二人に女一人の、萌え萌え設定だったみたいです。(ホントか?)
しかも、主役はモックンだったみたいです。
・・・色々勘違いしててすみません。
その映画の中で、天才ギタリストの吉岡くんに惚れ込んだモックンが、自分のバンドのギターを辞めさせて吉岡くんをメンバーにするというエピソードがあります。
これは、あとですごく切ない話につながってくるんですが・・・
このギターを辞めさせるシーンが、すごく忘れられないんですよ。

ところで・・・
あかねさんはARB「さらば 相棒」という曲がすごく好きなんですが・・
あ、わかった人にはわかっちゃった・・
聴いた事ない方はよろしければどうぞ →試聴
鼻歌率がすごく高い曲なんですが、必ずさっきの「ラストソング」のワンシーンが思い出されるんですよねー。
夢破れて田舎に帰る友達を駅で見送る・・・そんな感じの歌詞です。
「さらば 相棒」のカラオケ映像にしてもいいくらい、まさに「当て振り」のようなシーンなんですもん。鼻歌のたびに思い出します。
あんまり思い出すんで、「ホントにBGMでかかってたかな?」と最近では思えてきました。
まさか、どんなに勇気のある監督さんでも、ここまでベタな曲は使うはずがないし。

最近、それがあかねさんのすごく気になってることです・・・。
・・・平和?
TSUTAYAでせいじくんにレンタルしてもらおうかなー。
いくらなんでも使われてへんて。(^^;;

だから何だって・・・話題は、いつものことですから・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

京極探し

ずいぶん前にテレビでやってた「妖怪大戦争」を、やっと観た(^^;;
・・・いえ・・京極サンが出てるといううわさを聞いたので、一応チェック♪と、思ってさ。

・・・・どこに出てたんだろう・・・(T-T)
妖怪の役だったのかな・・。なら、わかんないよ・・。
カットされてたのかもしれないしな。テレビだったし。
大沢サンも出てたらしいけど・・宮部みゆきしかわかんなかったよ・・。
色んな人たちが、出てるみたいなんだけど・・・みんな妖怪だから・・。(^^;
全然わかんない・・。ナイナイの岡村君の「小豆洗い」はわかりやすかったけどね!

・・・もう一回ちゃんと観なきゃだめかなあ~。
・・・もう一回観るの?(^^;;・・・もう、いっか・・。(^^;;;;;

それにしても、豊川悦司が・・・むっちゃカッコよかったああ(T∇T)
今まで、ドラマとか出てるの観ても、そんなこと思ったことなかったのに・・・
「トヨエツに誘われたら、あたしも悪の道に入っちゃうかも!」
って、くらいカッコよかったなあ・・・。
・・・やっぱ、まわりが妖怪ばっかだったから?!
それでかっ??!! 
(^"^;;
・・・そーかー・・普通のドラマや映画に 眉毛のないトヨエツが出てても・・・
カッコよくは・・ないわな・・(^^;;;
ラストの「あれ?」って感じも・・笑えたし・・。
私 「おバカ」は結構好きです(^^)

それにしても 神木クンはかわいいなあ。
一体 どんな大人になるんでしょう 彼は?
そーいえば、また「Dr.コトー」やってますよね。
前も夫婦でずっと観てたんだけど・・・今回びっくり!
あのかわいかったタケヒロくんが・・・すっかり大きくなっちゃって!
・・・おばさん ちょっとショックでした。いやあ・・よそんちの子が大きくなるのは早いわ!

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2005年10月23日 (日)

グルミットと暮らしたい!

今週は映画週間になっちゃいましたね。

なんだか節操なしなんですが「ウォレスとグルミット」大好きなんですよね。ニック・パーク監督クレイアニメですだ。なんでも観るんだなお前は・・・って。

本当はこっち系の方が好きだったりします。

ニック・パークの「チキン・ラン」も観に行ったし、梅田の阪急でニック・パーク展やってたのも観に行った。キャラモノには興味ないんですが、グルミットグッズ買っちゃったなあ。

展示会場には、撮影で使ったクレイ作品もあって、もうファンキー小僧が涙モノ!!想像してたより「あれ、意外とちっちゃいなあ」でも、ビデオで観た通りのシーンが飾ってあって感動しました。いってみれば、ウォレスやグルミット本人だもんね。

とにかく、グルミットに一時期すっっっごいハマってて。ぷっ陳腐林(あんまりな変換なので一応ご紹介して・・・)その、プッチンプリンをね、(^^; 食った食った・・・。グッズ欲しさに。

あんなにかわいくて、たよりになる犬がいてくれたらっ!本当にグルミットがいてくれたらいいのに!!ええ年して、そんなこと考えますよ。

TONA52 こちらが、プッチンプリンを食べまくって当ったマグカップ♪

もったいなくて、使ってないけど・・・。

あかねさんどっちかというと、コレクター気質だから(^^;

TONA53 こっちは反対側です。二種類じゃなくて、裏表で別デザインです。

え~と、一応、この写真は自慢のために載せました。

自慢なんで、うらやましがってくだせい。

あかねさんも満足することでしょう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月21日 (金)

アクションヒーローって、どうよ?

「ダイ・ハード」って、大好きだったんですよね。特に「ダイ・ハード2」なんか、おもしろくって!ご飯食べながらビデオ観よう~と思ってセットしたはいいが、観終わってもご飯手付かず!って感じでした。

それが、歳をとる毎に変わってきて。任侠映画なんかも大好きだったのに。

こんなに人を殺すヒーローがいてもいいのか?

って。別に、宗教にめざめたわけでも何でもないんだけど。(^^;

思春期の頃って、残酷なことや壊れていく物が美しい思ったりしますよね?・・・しますよね?・・・することもありますよねっ?

私もそんな頃がありました。きっと人の痛みがわかんなかったんでしょう。今は、わかったつもりになってるだけかもしれませんが・・・。

たとえ、殺さなければ殺されるという立場にあったからだとしても、人の命を奪ってしまったという事実は、それからの自分にものすごく影響するでしょう。毎晩うなされるかもしれないし、一生忘れない・・・。「殺されなくてよかった」と思うのは、一瞬ですよね。

それでも、みんなを守るために戦うからヒーローなんだ!と、言われても・・・。なんか、悪役は「悪いヤツ」だからいいの?って・・・う~ん・・。確かに、それでも、戦うんだ!!っていうのは、精神的にも強靭な人だとは思うけどさ~・・。ヒーローって大変だあって。カッコいいとは思えない。

年を取ったからでしょうかね。  からでしょうな。

アクション映画(というジャンルなのか?)最近めっきり観ませんね。入り込めなくなっちゃいました

うちのダンナはブルース・リーがすごい好きなんです。ま、これは例え話なんですが、仮にダンナがブルース・リーで(実際あんなお骨なブルース・リーはいません!わかってます!)一人で敵に立ち向かって行き、皆殺しにして帰ってきたとして・・・。更にそれが、私を助けるためなんかだったら、自分のためにダンナを殺人者にしてしまった事を、死ぬほど後悔しますよ!!

もう、そんな風に考え出したら、とても観られないっス!みんな、わかってるけど「映画は映画」って割り切って観るんでしょうが・・・私このままだと、子供と動物の話しか観られなくなっちゃうよ~・・。

まー、その割にはミステリ好きですけどネッ!!

殺人事件ばっかり読んでるサ。

犯人は、決してヒーローじゃないから良しとする・・・?

なんか、すっげー説得力ねぇよっ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月20日 (木)

「コーヒー&シガレッツ」で、リラックス

眠気をさまそうと久しぶりにコーヒー淹れてみた。コーヒーメーカーはないので、ハンディドリップ?一杯用のヤツ。ホント、久しぶりに飲んだので

「あーーッ!コーヒーうま~~いっ!!」

思わず叫んじゃったよ~・・。そこで思い出したのが

ジム・ジャームッシュの「コーヒー&シガレッツ」・・・と、いう流れです。

最初にこの映画を知ったのは、もう10年以上も前。私の王子様トム・ウエイツが出演してると聞いて、当時おパソを持ってなかったので地道に地元の映画情報をチェックしていた。

知らなかったのだ。そんなに上演時間の短い映画だったなんて・・・。「コーヒー&シガレッツ」を待ち続け、その間に私は結婚し、引っ越して、引っ越して、引っ越して・・・ようやくこの夏観ることが出来たのです!!

ストーリーはなく、役者達が出てきてコーヒーを飲んで、しゃべる。(・・・ん?なんか、つい最近似たような事を映画ネタで書いたような・・・(^^;)そんなショートストーリーが、11話。(別にこういうシチュエーションが好きなわけではありませんからっ!)ジム・ジャームッシュが十何年もかけて、コツコツ撮りためたそうです。その中の一話にトム・ウエイツが出てるわけ。

ほとんど、台本もないそうで。まあ、そうでしょう、って感じ。

トム・ウエイツは、イギー・ポップというミュージシャンとカフェで、コーヒーを飲んで煙草を吸ってるんです。「トミー・・。お酒と煙草のイメージだったけど、コーヒーアンドシガレッツも似合うわあ・・。」・・・やがて、イギーが立ち上がる。「えっ?もう帰っちゃうの?」と、いうくらい一話が短いです。「もっと観たい、観たい!」

そこで、またあかねさんが細かいことを気にし始めるんですが、「あれ?!誰もコーヒーにミルク入れないんだね

ミルクやコーヒークリーム自体がテーブルにない。みんな、せっせと砂糖を入れるか、何もいれないか。私は砂糖だけ入ってるコーヒーって飲まないので、ちょっと意外・・。砂糖入れるんならクリームも入れたり~な!

後日、友達が向こうはコーヒーがお茶代わりだから、ミルクを入れる習慣がないんだよ。」と教えてくれました。玄米茶に牛乳入れるようなもんか?麦茶には砂糖入れることあるもんなあ。高校生の頃、玄米茶に砂糖とミルク入れて飲んでみたことあるけど・・。

また、話それてるね・・。ようやく、観ることが出来た「コーヒー&シガレッツ」は、想像してた通りの映画で、おおむね満足だったのですが、ひとつ残念だったのは、映画館ではコーヒー飲みながら、映画が観られないこと。

この映画、コーヒー飲みながら観ると、本当に彼らと同じカフェの隣のテーブルにいるような気になれるんじゃないかなあ。映画の雰囲気、何倍も楽しめそう。レンタル出来たらいいなあ。

最後に、あかねさんのコーヒートリビア。

ジャンボ鶴田は、一杯のコーヒーを最初はそのまま、次に砂糖のみ、最後にミルクを入れて3回楽しんでいた。 ・・・過去形なのが残念っス!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年10月19日 (水)

横溝正史モノに咲く花

昨日、勢いで予告しちゃったから・・・。

横溝正史モノの映画といえば、市川昆監督!!

田舎の、どろどろでぐちゃぐちゃの殺人事件が、なぜああも美しくなるのか?誰しもがそう思うさ。犯人は、美人でなくちゃいけないって哲学がまたいいですね。

それまで、美人は危険に晒されるヒロインっていう型だったそうです。「犬神家の一族高峰三枝子に犯人役お願いしたら、最初断られたらしいですよ

なんで「犬神家の一族」って、何回でも観ちゃうんだろう?それで、地井武男が「俺の女になれーっ!」っていうとこで必ず条件反射で笑ってしまう・・・。(^^;

私は、金田一シリーズの中の犯人役で、一番好きなのは「病院坂の首縊りの家」の佐久間良子なんです~。すっごい綺麗じゃないですか?!

高峰三枝子司葉子岸恵子も、そして岸恵子も・・・みんな綺麗だけど、佐久間良子がたまらん美しいです~!ラストの、小林昭二人力車を引いて行くシーンなんて、泣いちゃいますもん。小林のおやっさんといっしょに。

私は個人的に「病院坂・・」が好きなんですが、桜田淳子が・・・ちょっと気になるけどなあ。

あれ?なんか、あかねさんの映画の感想って「女優が綺麗だ!」って・・・それだけかいっ?!木曜組曲」もそうだったし・・・。いや、たまたまですよ。(^^; ・・・だって、綺麗かったんだもんよっ!!いーじゃん。

だって、市川監督の映画なんて、今さら私がどうこう・・・昨日、勢いで・・・。

それにしても横溝正史という人は、笑った顔なんてあんなに好々爺としてるのに、あの作風・・・。殺人事件の背景に、戦後とか田舎の古いしきたりなんてのがあると、暗くどろどろしてくるのですね。

今のミステリに「動機が怨恨」って、どのくらいの割合なんだろう。

精神的に壊れてしまった犯人の方が、しっくりくるようになってしまってないですか?

そういえば江戸川乱歩の話には、何かに執着してる人結構出てきますよね。

・・・しまった。また、話がそれてる・・・。

そんなわけで、次回はどんな女優さんが綺麗だったんでしょうか・・・?トホホ・・。映画の感想なんて所詮無理だったんだよ。

石坂浩二に触れてないのマズかったかな?・・・まいっか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月18日 (火)

「摸倣犯」と「木曜組曲」を、斬るっ!!

恩田陸の本はあまり読んでないですが「木曜組曲」(徳間文庫)は、一番好きです。以前、ケーブルテレビで、めざましの軽部アナがやってる邦画の紹介番組で、映画の方も観ました。映画の方が断然好きになりました!めずらしいパターンです!

たまたまだと思うんですが、恩田作品に書物や物書きがテーマのものが続いて、あんまり作者がそのことについて主張するので、ちょっとひいてしまいました。私がたまたま続けて読んだだけだと思うんだけど・・。

映画の方も何回も観ました!軽部アナの番組再放送してたんで・・(^^;

話は、文章を書くことを生業とする女達が集まって、4年前に亡くなった大物女流作家の死の真相ご飯を食べながら、話し合う・・・だけ。の、ミステリ。

女達が5人集まって、飲み食いしながら言いたいことをぶちまける。原作は、女っていやらしいな(エロいんじゃなくて)ってつくづく思ったけど、映画の方は、割と淡々と時間が経過していくっていう印象が残ってます。

とにかく、原田美枝子が綺麗で、カッコよくて・・。うわぁ~・・。

加藤登紀子も出てるんだけど、必要以上にいい声で・・・(^^;むちゃくちゃセリフに説得力があるんです~。演技はしてるのかしてないのかわかんない、普通なんだけど。

結末が、原作と違ってて「おや!」って感じでした。ミステリの映画化って、そういうのもあるんだなって。

気になったのが、細かいとこなんだけど・・・。大物作家役の浅丘ルリ子が、服のままシャワー浴びてるシーン。「右腕が肩より上がらんはずなのに!上がっとるで!」もう一つは、ネタバレになっちゃうなあ・・。「カプセル飲んじゃった!」

映画はそういう細かいとこ気にしちゃダメなのだろうね・・・。一応、ミステリの謎解きの布石にかかわることじゃなかったか?まあ、原作と違う結末もしっくりきてて、こっちの方がちょっと救われるかも・・。

篠原監督の作品は、「月とキャベツ」を観たことあります。

原作と違う結末、原作とは違う結末・・・といえば「摸倣犯」

原作はすごいおもしろかったよ!文庫の人あかねさんが、文庫を待たずに買ったもんよ。映画もすっごい期待してたのに~っ!

中居くんはなんであんなことに・・・なっちゃったわけ?

中居くんショックだったろうなあ。公開されるのがはずかしかったと思うよ・・・。「俺、結構がんばったのに、なんでこんな目に・・」って。他の役者さんたちも、「ちょっと、ちょっと!」って思ったよね?ゼッタイ。

ラスト、びっくりしてアゴ落ちるかと思ったよ・・。

驚きの結末!!」・・・と、いうより、「意外なオチ」というほうが(^^;

ミステリの映画化は難しいということでしょうか?

森田監督の「そろばんずく」は、ちょっとすきなんだけどなあ・・。(一応フォロー)

本日は、辛口トークな主婦ブログだな。

一応、辛口もいけるとこ見せつけつつ・・・映画あんまり観ねークセに・・。

そうだ!ミステリ映画つながりで、市川昆監督の横溝正史モンいっとくか!

辛口主婦の映画ブログは、予告つきだあ~。(^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)