« ちょっと思い出した あるある | トップページ | セレブ妻の昼下がり »

2007年7月27日 (金)

さまよえる脳髄

さすがに暑くて・・・昼間は扇風機を回してるあかねです。
・・・それでも、暑いよぅ~・・・。

今日、笑っていいともを見ながらご飯を食べていて、高島礼子が「さまよえる脳髄」に出ていたことを知りました。
そーかー・・、ちょっと観てみたいものだあ・・。
今度、DVD借りてみよーかなあ。
でも、会員になっても、滅多に借りないから・・・
あーゆーのって、期限があるのでしょう?たぶん、借りるたびにカード作るって感じになりそうなんですよね・・・。
でも、テレビではゼッタイやってくれなさそうな話だしなあ・・・。

そんなわけで、ごそごそと本棚を探して文庫を出してくる。
「さまよえる脳髄」(新潮文庫) 逢坂剛
とってもとってもマニアックな・・・というか・・・なんというか・・これは、ミステリでいいのか?と、いうよーな話。
精神科医や脳神経外科医などが出てくるんですけど、そっち関係の方がメインなんです。
二つの殺人事件が起こるんだけど、両方とも犯人は精神的に病んでる人なんです。
登場する刑事は、頭蓋骨が陥没してるし・・・。
前に、テレビで「ミステリとサスペンスの違い」をやっていて
犯人がわからないのがミステリ
犯人がわかってるのがサスペンス
と、言ってました。 ホントなのかなあ・・・。
だから「信濃のコロンボ」はミステリで、「刑事コロンボ」はサスペンスなんですね。(・・・わかりやすく言うと・・・^^;)
その定義でいくと、「さまよえる脳髄」「大脳についてや深層心理を分析するサスペンス」と言えるかもしれません。もちろん、テキトーに言ってます。
だって、犯人が二人とも主役の精神科女医の(これが高島礼子)患者なんすから。←これ、ネタバレにはならないと思う。
二人とも、女性ばかりを狙う連続殺人犯なんですが
「犯人は誰?」というより「犯人はなぜ?」という、殺人に至る心理を探る話です。
・・・ただなあ、ラストのオチは必要ないと思うなあ。←これは、語るとネタバレになる。

あっ!そーいえば「魍魎の匣」が来年公開になるんだねっ!
楽しみだなあ~♪
・・・でも、やっぱ木場シュウのダンナは宮迫クンなんやろね・・・。
・・・う~ん・・でも、やっぱり楽しみだあっ!

|

« ちょっと思い出した あるある | トップページ | セレブ妻の昼下がり »

コメント

ほぉぉぉ・・面白そうですね。今度、ブックオフで探してみます。105円じゃなきゃ買わないケチな私。

投稿: PON | 2007年7月27日 (金) 23時21分

◆PONちゃん
そっち方面に興味があるなら、面白いっすよ!
でも、昭和に書かれた話だから、本の中で「それはまだわかってない」って言われてることも、平成の今では明らかになってる部分もあるかも・・・。
そこは、ご愛嬌ってことで。

投稿: あかね | 2007年7月28日 (土) 13時10分

昼間に扇風機で我慢出来るところがすごいな〜
私・・もう無理です・・
ホラーは苦手だけど推理物は好き・・
ホラーはミステリ系?
でも、医療系の話は好きかも・・・じゃ私もブックオフで・・^^;
宮迫クン・・・じゃない誰かぴったしくる人いるよね〜
誰?って言われてもすぐには出てこないけど・・(汗)

投稿: rada | 2007年7月30日 (月) 17時45分

◆radaちん
ホラーは・・ホラーかなあ?サスペンス寄り?
お風呂で読まないと約束してくれたら、お貸ししてもよいのですが?
私もね、宮迫がダメだと言ってるんじゃないんスよ!
ただ、他がコスプレにも気合入れてイメージに近づけてんのに、なんで一人だけ?!ってとこが気になるの!
とりあえず、「塗仏・・」までには他に変えてくんないかなあ。
今回、関口役が椎名桔平らしいのです。関口クンより小さい木場シュウはradaちんもいややろ?!

投稿: あかね | 2007年8月 1日 (水) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135091/15916827

この記事へのトラックバック一覧です: さまよえる脳髄:

« ちょっと思い出した あるある | トップページ | セレブ妻の昼下がり »