« トースターで出来るそうです。 | トップページ | あっと らすとお~!! »

2006年2月10日 (金)

ダンナに涙した夜 その2

昨日、11時頃だったか、ダンナから「かえるコール」というヤツが。
それが、様子がちょっとおかしいのです。

「あのぅ~・・・今、会社を出たんやけどな・・・」
「うん・・?」
「そんで、今・・・カバン持ったときに気付いたんやけどな・・・」
「・・・なに・・?」
「・・・俺~・・今日、弁当食うてないわ・・」
「・・・そ、それって・・1日何にも食べてないってコト・・?」
「そうなるかなあ~・・」
「・・・・・・・」
「まあ、そんなコトやから、今日はこの弁当食うから!」

そして、帰宅したダンナから、朝渡したまんまの弁当を受け取り・・・
かわいそうなので、せめて温める。
お豆を炊いたのは、鍋に戻して温め直し。そして・・・
「せいじさん・・・本日のメインです」
ちっちゃいお皿に、100円ライターより小さいお弁当用の冷凍エビフライが2尾・・・
つけ合わせのいんげんは、弁当箱から出しただけ・・・
切なすぎるよ・・・っ!

|

« トースターで出来るそうです。 | トップページ | あっと らすとお~!! »

コメント

せいじさん・・・ エライと思う。
普通お昼のお弁当、家で食べませんよ。
「愛」を感じる・・・ 大きな「愛」を。
僕もそんな旦那さんになりたいです。

でも、僕はエビ食べれませんから・・・
100円ライターより小さくても。

投稿: しーとん | 2006年2月10日 (金) 22時28分

うーん……。
食いしん坊のワタシには
とてもとても。。。
おやつくらいはおなかに
入れてらっしゃるのでしょうか???

投稿: にこぴろし | 2006年2月10日 (金) 23時50分

涙なしではいられない記事ですね・・・。

あかねさんなら大丈夫だけど、しっかりとせいじさんを支えてあげてね。決して「何で食べないの!」「私のお弁当食べてくれないのね・・・(TдT)」って言っちゃだめだよ。

あかねさんの大きな愛で優しく強く支えてあげて。

投稿: assh | 2006年2月11日 (土) 00時13分

何も食べてないって心配になりますよね。
「GABA」も口にしていなかったのかしら?
ウチは弁当を食べる時間はあるようですが、たまに風邪なんかで「あ、ごめん。全部食べられなかった…」って残った弁当を渡されると、やっぱり心配。
それにしても、家で弁当を食べるダンナ様、エライです。

投稿: ひなたぼっこ | 2006年2月11日 (土) 00時26分

なんと、帰宅するときに初めて何も食べてなかったことに気付くほど忙しい会社なのですか!!
かわいそすぎる!
私なんて何はさておき、食べること。
お昼を食べたら、晩ご飯の心配、晩を食べたら、明日の朝ごはんのこと考えてるよ!ただの食いしん坊だってそれは!

投稿: PON | 2006年2月11日 (土) 01時32分

とてもココロにしみる記事ですね。。。 (ノ_・。)
あかねさんと旦那さまの『たっぷりの愛』を感じますっ☆
そうね…「せめて温め直す!」ココ、ポイントですね!(笑)
私も覚えておきます~。φ( ̄_ ̄;) メモメモ
食べる事しか頭に無い長男に話をして…世の中の厳しさを教えたい…な…。(-""-;)

投稿: かりん | 2006年2月11日 (土) 10時28分

うーん(--;
ますますお骨くんになっちゃいそうだね~
食べる時間がないの?それとも食べるのを忘れるくらい仕事に没頭してるの?
午後2時くらいに「弁当食った?」メールでも入れるとか・・・
忘れてたんなら思い出すかも・・(^^;)

投稿: rada | 2006年2月11日 (土) 10時33分

うちの場合帰宅後買い物袋のガサガサという音が聞こえたら食べてないって合図・・・。
食べたいのに忙しくて食べれないって時があるそうです。
それはそれでかわいそうですよね(^_^;)
せいじさんやさしい★

投稿: ふ~にゃ | 2006年2月11日 (土) 12時02分

◆しーとんさん、ありがとうございます。
昼弁を晩ご飯にすることは、たまにあるんですが
持って帰って食べたのは、二回目でした。
とにかく、彼の身体が心配なんですよ。
ただでさえ、ひょろひょろクンなのに・・・(T-T)

◆にこ先生、缶コーヒーくらいは飲んだかもしれませんね。
彼は、目の前にやらないといけないことがあると、他のことが全部面倒くさくなるタイプなんです。
済ませてしまわないと落ち着かないっていうか・・・。

◆asshさん、ありがとう。
とにかく、もうかわいそうで何にも言えないです。(T-T)
でも、私には何にも出来ないんですよね。
ただ、うちにいる時は好きなようにしてもらってます。

◆ひなたぼっこさん、ありがとうございます。
体調が悪くて、残すっていうパターンはないですね。
そっちも心配ですね~。
GABAちょうど、買ってない時だったんですよ。
でも、GABA入ってても、一緒に忘れられてますね・・・(^^;

◆PONちゃん、そうなの・・・。
弁当食べるの忘れて、さらに食べるの忘れてたのを忘れるなんて・・・。初めてのパターンですわ。
電話が申し訳なさそうだったのは「ご飯いらない」って連絡が遅くなってしまったからだったみたい。

◆かりんさん、ありがとうございます。
本当に、私にはそれくらいしかできないんですよね。
おかずを一品増やそうか?と言っても、すでに食欲がないみたいで・・・。
息子さんが「コレが普通」って認識してしまうと、困りますけど(^^;

◆radaちん、時間がないんでしょうな。
仕事が一段落しないと、落ち着かないしってのも。
メール、プレッシャーにならないかなあ?
弁当の確認って・・・「おじいちゃん、お弁当は食べたの?」みたいな世界だなあ・・・。(^^;

◆ふ~にゃさんとこも忙しいんですね。かわいそう・・・。
自分が働いてた時、すっごく仕事忙しかったんで「お昼もういいや!」って思うこともあったけど、
ダンナが食べてないとやっぱり心配。
私ほど皮下脂肪がないんだし・・・(^^;

投稿: あかね | 2006年2月11日 (土) 12時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135091/8597824

この記事へのトラックバック一覧です: ダンナに涙した夜 その2:

« トースターで出来るそうです。 | トップページ | あっと らすとお~!! »